FXスキャル・パーフェクトシグナルの弱点

MENU

マルチタイムフレーム分析のトレンドフォローならではの弱点

FXスキャル・パーフェクトシグナルの検証をしているのですが、1時間足と5分足を使ったマルチタイムフレーム分析の手法ならではの弱点がありますので紹介していきます。

 

上位足と下位足を組み合わせてトレードをする最大のメリットは、トレンド発生中には利益を大きく狙いやすく勝率が高いという事を上げることができます。しかし、1時間足と5分足の方向性が一致しなければエントリーチャンスがないというはMTFの最大の弱点になります。

 

そのためFXスキャル・パーフェクトシグナルでは、4通貨ペアを監視してエントリーチャンスの回数を増やすようになっているのですが、そこに少しの裁量を入れることでチャンスを増やすことができますのでロジック弱点の対策として参考にしてください。

 

トレードで稼ぐ環境認識の方法

 

上のチャートは1時間足ですが、白い枠の部分では急激な戻しが入り買いのサインが出ずに機会損失となる場面です。1時間足では平均足・移動平均線・売買サインの3つで状況を判断するツールですが、こういった場面ではダウ理論・水平線・移動平均線を利用して状況判断をして下位足へのトレードへとつなげる方法があります。

 

例えば1時間足チャートの直近高値に水平線を引いておき、そこをブレイクして相場の流れを判断する方法が1つ。次にカラー移動平均線の色の変化と角度、ローソク足の位置で判断する方法が1つ。そういった情報から相場の流れが変わったと察知して5分足へと目線をずらしていきます。

 

 

移動平均線と水平線で勝率を上げるデイトレード手法

 

FXスキャル・パーフェクトシグナルの5分足では、すでにトレンド転換を察知しています。エントリーチャンスとしては4回ほどあり1時間足のサインが出ていない場合でもいくつかのポイントを押さえて環境認識をすることで機会損失を逃さず利益に変えることができるということがわかります。

 

このFX商材の良い所は無裁量でサイン通りの取引を強制されるのではなく、自分なりにいくらでも裁量を入れて自由に取引をすることもできる点です。各トレーダーのスキルに合わせてアレンジできるので、色々な方法でトレードチャンスを増やせます。

 

もちろん初心者の人はサイン通りの取引でも利益を出せるようになっていますが、利益が安定してくればどうしても欲が出てくるものです。そんな時でも臨機応変に対応できるFX商材となっていますので、使い方次第で目標以上の収益を達成することも可能です。

 

まずは基礎のトレード方法を学び、そこから利益やスキルの応じてアレンジすることで更にサイン精度を高めパフォーマンスを向上させることにつながってくるはずです。

ここでしか入手できない夏目オリジナル特典

当サイトからFXスキャル・パーフェクトシグナルを購入した方には、夏目直也オリジナル特典をプレゼントします。

参考にハーモニックトレードを動画に収録しました。

ただトレードの途中で寝落ちして本来の決済ポイントで利益確定ができず、遅れての利益確定となっています。注目してほしいのは反転確率の90%という精度の高さです。

2015年8月11日 午前中

豪ドル円の1時間足でハーモニックパターンが出てトレードをしています。
短時間のデイトレードですが、10万円以上の利益を獲得できています。

その他の成績結果は「夏目直也のBLOG」で公開中です。

夏目直也の30名限定特典。
1、高精度ハーモニックパターン(説明書+インジケーター付き)
2、ファンドマネジャー直伝ロジック(専用インジケーター付き)
3、プライスアクションを利用した勝率7割ロジック
4、2013年〜2015年まで月間平均250pipsを達成しているロジック
5、FXスキャル・パーフェクトシグナル実践マニュアル(夏目流)



上記特典以外にも3つの動画(FXスキャル・パーフェクトシグナルで効果的に稼ぐための動画)をプラスします。
・特典動画1 奥谷流ロジックの優位性を一挙公開。
・特典動画2 得する損切りの方法。
・特典動画3 これをするかしないかで結果に大きな差が出る。


キャッシュバックはないが豪華な特典付
*決済画面で↑特典があるかをご確認ください。


特典付きでFXスキャル・パーフェクトシグナルを確認する⇒